よくある質問

Question1: 他の英語塾との違いは何ですか?

1.個性の尊重

生徒一人一人の個性を理解し、ニーズに応えた独自のレッスンを作成しています。ですから年齢にこだわらず、好奇心や必要性の高い内容を中心に学習し、より多くの成果を上げていけます。

英語学習という共同作業を進める進めるにあたり、教師と生徒との人間関係は非常に大切です。Moira Mckenzieの英文を翻訳しました。参考までにご覧下さい。
教師と生徒が共同作業を進めるための人間関係.pdf
PDFファイル 205.4 KB

2.レッスンの質の高さの追及:レッスン中は質、それ以外の時間は量

限られたレッスン時間の中で正しい学習法を覚えて各自勉強していけるように支援しています。そのための資料:英語脳、アクティブ英語学習法を紹介します。また、疑問点を一つ一つ確実に理解していけるように生徒達に指導しています。

 

3. 毎回のレッスンが楽しみ

年齢に関係なく、習い事は何でも”楽しい”から続けていく事ができます。毎回のレッスンはクリエイティブで楽しく、かつしっかりと学べるようバランスよく構成しております。また、英語学習は長期的な取り組みである事を前提に、将来の目標を見つけられるよう、レッスン中色んな話をしております。目標があることで学習意欲を高めることができるからです。

 

4. 保護者との連絡、相談の充実

大人などのクラス意外では月に一回の学習レポートがあり、その中で生徒が学んだ事、成長した事、今後の目標などをまとめて保護者に報告しています。また保護者からの連絡や相談のおかげで、より適切な学習内容を提供することができています。

Question2: ”家で子供に英語を教えた方がいいのでしょうが、私は英語ができませんし、発音が下手なので変な英語を教えてしまいそうです。それでも教えてあげた方がいいですか?”

 

A: はい、教えてあげて下さい。

理由1

とにかく普段から英語に触れる時間を増やすことが重要です。例えば週1回の英語レッスンに参加しているだけでは英語が話せるようになるとは思えません。英語に触れる絶対量(例:一日15分)をこつこつと続けましょう。皆さんにとって、お子さんと一緒に英語を上達できるチャンスです。両親が英語を話していたらお子さん達は自然に覚えてしまうものです。正しい発音は、授業中に改善していけるはずです。

 

家庭レベルでの取り組みは、英語脳(日本語に介さないで見たもの、感じたことを英語で発想できる、しゃべれる)を発達させることにも繋がるでしょう。

 

理由2

完璧な発音にこだわらないで下さい。日本人は英語圏の人達のかっこいい発音が正しくて、それ以外の英語圏以外の人達のなまりのある英語をおかしな英語だと思ってしまうことがあります。私はオーストラリアにいる時、インド人、中国人、ポーランド人、ドイツ人などの知人がしゃべる英語をよく聞いていましたが、確かに聞き慣れるまで少し時間はかかりました。しかし、”お互いに理解し合うことが一番先決である”ことを実感してからは、なまりにさほどこだわらなくなりました。例え英語にくせがあっても、彼らは英語圏社会の中であらゆる人達としっかり意思疎通していました。世界中の英語圏社会のほとんどは異文化社会であり、言語や個人の違いに対しても寛大です。しかし単一民族国家的な日本にとって、言語や多文化の違いを認めることは一つの挑戦になるでしょう。

 

私の話す英語も日本語っぽいかもしれません。もちろん正すべきところは正しますが、完璧な発音を目指す以上に、会話の中身を相手と交わす事の方が先決だと思います。

 

Q質問です。以下の二人の会話を比較して下さい。どちらのような性格の人が出世するでしょうか?

 

■ Aさん:2分間、文法や発音に気を付けて慎重に英語を話せた!発音の間違

     いはたった3つだった。

■ Bさん:7分間、たくさんの英語を話せた!発音の間違いは20こもあった。

 

~私の経験から考えて、Bさんのような性格の人の方が出世しますね。きっとBさんの方が自分に自信があり、影響力の大きい人なのではないでしょうか。

 

心に残る名言

"People with high self-esteem are the most desired, and desirable people in society."

”自己評価が高い人こそ社会において最も望ましく、魅力的な人達である。”

~Brian Tracy

Question 3:幼児や小学生で読み書きが苦手な子について悩んでいます。何かいい方法はありますか?

 

A:お子さんに絵本を読んだり絵カードを見せる時、絵に意識を促すよりもアルファベッドや英単語を指さしたり、書き方を指でなぞったりしてあげます。そのように、ほんの少しの異なる取り組みによって1年後、2年後に読む力、つづりの力、そして理解力の効果が高まるそうです。詳しくは以下をご覧下さい。

 

●英語学習者向けのビデオ(Youtubeより):Voice of Americaの"Small Change can Improve a Child's Reading"(2分57秒)と和訳した文章です。

http://www.youtube.com/watch?v=54gCi-cc9FA

VOA英語学習教育レポート.pdf
PDFファイル 133.7 KB